お知らせ

乳癌患者さんの交流会「リボンの会」を開催します

2017.10.24

カテゴリー:お知らせ 乳腺内分泌外科 形成外科 診療科・部門

筑波学園病院では、乳癌の手術を受けられた患者さん同士の交流の場、情報交換をする場を提供するため、「リボンの会」を開催しております。(内容等は下の「リボンの会の内容・スケジュールはこちらです」をクリックし御覧下さい。)

外来では時間がなくて聞けなかったこと、乳癌という重圧にひとりで悩んでいたことなどをスタッフも交え、患者さん同士で語り合う場がどうしても必要だと考え発足しました。
平成2年発足した「乳癌術後患者さんの会」を前身として、平成12年から名称を「リボンの会」として、当院乳腺内分泌外科科長の石川智義医師が中心となって年1回開催しています。

リボンの会では、すぐに役立つ乳癌の知識、リハビリテーション、食事指導など、色々な分野から役立つ情報を患者さんに提供しています。また、患者さんを囲んでの交流会・相談会を行い、日常で悩んでいること、疑問に思っていることについてスタッフが答えるコーナーを設けています。
また、リマンマ(術後の補正下着)、化学療法での脱毛時に役立つ医療用ウイッグをそれぞれワコール、アデランスの各社の方に説明して頂き、実際に試着をして頂くコーナーも設けています。

一人でも多くの方にご参加頂ければと思っていますので、参加希望の方はお気軽にお電話下さい。
(029-836-1355(代) 担当:外科外来看護師 奥澤・松崎・塚本)

リボンの会の内容・スケジュールはこちらです

リボンの会ポスター

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー