お知らせ

坂根医師がサンウルブズ2019シーズンチームドクターに選出されました

2018.12.05

カテゴリー:お知らせ リハビリテーション科 整形外科 診療科・部門

当院リハビリテーション科部長の坂根正孝医師が、ラグビーチーム『ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ』のチームドクターに2019年も引き続き選出されました。
サンウルブズは、ラグビーの国際大会「スーパーラグビー」において、2016年から参加している日本チームです。
チームのファーストカラーである赤は「日出ずる国」の日本を象徴する太陽からとられ、チームロゴの狼は、小兵でも統率された群れで大きな敵に立ち向かおうとすることの象徴とされています。
2019年は、ついに日本でのラグビーW杯開催の年。日本代表との連携も強化され、非常に注目度が上がっています。

坂根医師は、今回のラグビーのみならずバレーボール等の現場にも行かれ第一線で活躍中のスポーツドクターであると同時に、脊椎・脊髄分野の専門医でもあります。脊椎・脊髄分野でスポーツにも造詣の深い医師は限られており、坂根医師はそのお一人として、当院でも整形外科の脊椎・脊髄疾患の専門外来を中心に診療を行っています。

その坂根医師より、就任にあたっての抱負を頂きました。

「4年連続のSunwolves(サンウルブズ)チームドクターとして、2019年スーパーラグビーリーグに参加することになりました。
サンウルブズの勝利のためはもちろんですが、9月に開催されるワールドカップ日本代表チーム強化のため、迅速・確実・安全なメディカルサポートを行いたいと思います。
遠征帯同中は、関係の皆様に何かと御不便とお手数をおかけするかと思いますが、トップアスリートのサポートで培った知識と技術を、今後の整形外科・リハビリテーション臨床に応用していきますので、何卒ご理解頂きますよう、よろしくお願い致します。」

坂根サンウルブズ就任

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー