お知らせ

認知症予防リスク検査のご案内

2021.07.19

カテゴリー:お知らせ 診療科・部門 健診センター

当院健診センターでは、認知症予防のためのリスク検査「MCI(軽度認知障害)スクリーニング検査(税込み25,300円)」を実施しています。

MCIとは、「日常生活に支障がないが微細な認知機能の低下が認められる状態」のこと。MCIの状態を放置すると、アルツハイマー病に移行するリスクが高まるといわれています。

mci

アルツハイマー病は、脳内でつくられるたんぱく質「アミロイドベータペプチド」の蓄積により神経細胞がダメージを受けることで発症するといわれています。MCIスクリーニング検査では、このたんぱく質を排除する機能を持った3つのたんぱく質の血中濃度を調べることで、アミロイドベータペプチドへの「防御力」を算定し、間接的に軽度認知障害のリスクを評価しています。

arutu

検査は1回の採血で行われます。詳しくは当院健診センターまでお問い合わせください。

申・問☎029(836)1983/筑波学園病院健診センター

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー