お知らせ

高田副病院長就任挨拶

2021.04.01

カテゴリー:お知らせ 診療科・部門 腎センター 腎臓内科

2021年4月1日より筑波学園病院副病院長を拝命致しました、高田健治と申します。

2003年より当院で腎臓内科医として勤務し、腎疾患治療の他に透析や輸液・電解質管理等も担当しています。慢性腎臓病は早期発見・早期治療が重要と言われており、近隣の先生方とも協力し合いながら啓蒙活動に力を入れております。

当院は県内でも有数の透析施設を有しており、多くの患者さんが現在も通院されております。自分が勤務してきた18年の間に、東日本大震災と常総大水害という大きな災害を二度経験しました。当院は災害時の拠点病院として透析を受けられなくなった多くの患者さんを受け入れることができました。これからも患者さんが困った時に頼りにされる病院であり続けたいです。

出身は常総市(水海道)です。自分を育ててくれた地元の方々に少しでも恩返しができるよう尽力していく所存ですので、今後とも宜しくお願いします。

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー