お知らせ

乳がん患者さんの交流会「りぼんの会」が開催されました

2019.12.16

カテゴリー:お知らせ 乳腺内分泌外科 診療科・部門

りぼんの会2

12月14日(土)「りぼんの会」が開催されました。
「りぼんの会」とは、乳がんの手術を受けられた患者さん同士の交流や情報交換、相談を目的に、当院乳腺内分泌外科の石川智義医師が中心となって年1回開催しています。
「りぼんの会」の前身「乳癌術後患者さんの会」 が1990年に発足してから20年以上乳がん患者さんのサポートを続けています。
今回も、在宅医療や緩和ケア等の情報を提供しました。
患者さんを囲んでの交流会・相談会では日常の悩みや疑問についてスタッフがお答えしました。
また、リマンマ(術後の補正下着)や、化学療法での脱毛時に役立つ医療用ウイッグの試着コーナーも好評でした。
乳がんは、女性のがんによる死亡数・罹患数共に上位の疾患であり、特に罹患数は、他部位のがんより格段に高くなっています。
筑波学園病院では、患者さんの悩みを受け止めて、やさしく包んであげられる医療を提供していきたいと願っています。「りぼんの会」がその一助になることを願ってやみません。

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー