泌尿器科

お知らせ

診療科紹介

当院泌尿器科は常勤医3名体制です。山崎医師は泌尿器科全般に関して診療を行っていますが、特に男性不妊症を専門としており、婦人科・リプロダクションセンターと連携して専門的な治療を行っています。不妊症を扱っているクリニックからの紹介で検査や手術等を行うこともあります。
特に2014年度より両側精索静脈瘤に対する腹腔鏡下根治術を導入し、より低侵襲で迅速な治療を行えるようになりました。
2015年より勤務している西嶋医師も泌尿器科全般に関して診療を行っていますが、長年の診療経験と介護領域での経験知見をもとに、高齢者にやさしい診療を実践しております。
その他、非常勤ではありますが、和久医師は女性泌尿器疾患を専門分野としています。2011年に開設した女性泌尿器科外来には、近年高まっている女性泌尿器科疾患診療へのニーズがを反映し、近隣施設だけでなく遠方の施設からの紹介、当院で診療を受けた方の紹介などで受診する方が増えています。

外来診療

一般外来は、2016年度より、午前中は毎日診療する体制となりました。また、通常外来診療以外にも、常勤医師の増強により、泌尿器科救急疾患にも対応していきます。また、専門外来として水曜日午後は女性泌尿器専門外来、土曜の午前中は男性不妊専門外来を開設しています。
地域の特性として、泌尿器科の開業医が少なく、膀胱炎や腎盂腎炎、精巣上体炎、急性前立腺炎などの尿路感染症、前立腺肥大症をはじめとする下部尿路症状に対する精査・加療はもちろん、尿路結石に対しては、通院で加療のできる体外衝撃波結石破砕治療も行っております。
がん治療についても、診断・外科的治療、化学療法も積極的に取り組んでおり、難治症例については、筑波大学泌尿器科と密に連携をとって治療にあたっており、がんセンターまで行かなくとも十分な治療ができる施設と自負しております。

入院診療

2014年度の入院患者数は延べ450人で、2013年度の約1.5倍と大幅に増加しています。外科的治療目的の入院としては、精索静脈瘤根治術目的の入院が大幅に増えましたが、膀胱癌や腎臓癌、結石などに対する手術、前立腺肥大症に対する手術、骨盤臓器脱に対する手術、前立腺生検などのための入院も従来通り数多くありました。手術以外の入院目的としては、尿路感染症の治療、腎盂尿管癌、膀胱癌に対する化学療法、腎臓癌に対する分子標的薬導入、緩和医療、血尿・外傷・精索捻転などに対する緊急入院や、泌尿器科がない施設からの転院などにも対応しています。医療の標準化及び入院期間の短縮を図る目的でクリニカルパスを積極的に導入しており、前立腺生検、経尿道的膀胱腫瘍切除術、経尿道的前立腺切除術、前立腺全摘除術、腎摘除術、精巣内精子回収術、精索静脈瘤手術などの代表的な検査、手術はクリニカルパスが導入されています。

外来診療表、休診・代診情報

外来診療表
休診・代診情報
日付 時間帯 休・代診 担当医師 代診医師・その他
2017.6.10(土) 午前 代診 西嶋医師 内田医師
2017.7.1(土) 午前 代診 山崎医師 内田医師
2017.7.15(土) 午前 代診 山崎医師 内田医師
2017.7.18(火) 午前 休診 塚本医師
2017.8.2(水) 午前 休診 山崎医師
2017.8.3(木) 午前 休診 山崎医師
2017.8.5(土) 午前 休診 山崎医師
2017.8.5(土) 午前 代診 西嶋医師 内田医師
2017.8.15(火) 午前 休診 塚本医師
2017.8.26(土) 午前 代診 西嶋医師 内田医師
2017.11.16(木) 午前 休診 内田医師
2017.11.16(木) 午前 休診 山崎医師

全科の休診・代診情報はこちら

主な疾患

当院では、癌、尿路結石、尿路感染症、排尿障害などを含む泌尿器科疾患全般の診療を行っているが、最大の特徴は、専門性の高い分野である男性不妊症及び女性泌尿器科の診療を行っていることです。これらの分野については、専門的診療を行っている施設が少ないため、他院からの紹介で遠方より受診される方もいらっしゃいます。また、前立腺肥大症に代表される排尿障害の方も多く受診されています。
また、当科では、できる限り患者さんの負担を減らすよう、入院期間を短縮し、可能な限り通院での診療を行うようにしています。そのため、体外衝撃波、抗癌剤治療の一部などは外来でできる体制を整えています。また、入院診療においては、医療の標準化及び入院期間の短縮を図る目的でクリニカルパスを積極的に導入しており、対象疾患を徐々に増やしています。常に更新される診断・治療方法に対する情報を得るため、積極的に学会等にも参加し、新しく得たな情報を診療に生かすようにしています。

男性不妊症

当科では当院婦人科と連携して男性不妊症診療を行っています。乏精子症(精子の数が少ない)や精子無力症(精子の動きが悪い)に対する薬物療法や精索静脈瘤に対する腹腔鏡下高位/顕微鏡下低位結紮術、閉塞性無精子症に対する精巣内精子回収術(Conventional.TESE)、非閉塞性無精子症に対する顕微鏡下精巣内精子回収術(Microdissection-TESE)などに対応しています。不妊カップルの約半数では男性側にも原因があると言われています。他の施設からご紹介頂く男性不妊症患者はもちろんのこと、そうでない方もパートナーと同時に受診して、精液検査や静脈瘤の有無などをチェックされることをお勧めしています。また精液検査のみご希望の方、不妊以外の精索静脈瘤の症状がある方(陰嚢痛、精巣の萎縮)にも対応しています。

女性泌尿器科

女性泌尿器科で最も多い疾患である骨盤臓器脱と尿失禁は合併していることも多く、両者は密接に関わるため、これらを総合的にとらえて診療する必要があります。骨盤臓器脱は婦人科、尿失禁は泌尿器科でそれぞれ診療をすることが多いのですが、これを総合的にとらえて診療を行うことができるのが女性泌尿器科です。
当院では、水曜日午後に完全予約制(再診のみ)の女性泌尿器科専門外来を開設しており、女性医師が一人ひとりに時間をかけて診療を行い、ご本人の希望もふまえて個々の状態に合わせた治療方針(手術療法、薬物療法、行動療法その他)を提案しています。

医師紹介

その他

手術実績(2014年度)

経尿道的膀胱腫瘍切除術、経尿道的前立腺切除術、経尿道的尿管砕石術、膀胱砕石術などの内視鏡手術の件数が多い一方、前立腺癌に対する前立腺全摘除術や腎癌に対する根治的腎摘除術などの手術も行っています。鏡視下手術も積極的に行っており、昨年度は鏡視下での根治的腎摘除術、腎尿管全摘術を計8件行いました。また、レーザーを用いた最新の治療法を試験的に導入し、これまで施行が難しかった巨大な前立腺肥大症に対する経尿道的手術(HoLEP)や、軟性鏡を用いた上部尿管/腎結石の破砕術(f-TUL)も行いました。当院で特徴的であるのが、男性不妊症関連の手術と骨盤臓器脱、尿失禁に関する手術です。男性不妊症に対する精索静脈瘤根治術は、片側(主に左側)症例に対する顕微鏡下精索静脈低位結紮術(顕微鏡で拡大しながら静脈を1本ずつ結紮し、動脈とリンパ管を温存する)の件数が大幅に増えたほか、2014年度は両側症例に対する腹腔鏡下精索静脈高位結紮術を導入し、片側/両側例とも低侵襲な治療を行うことができるようになりました。骨盤臓器脱の手術を希望される方も増えてきており、徐々に骨盤臓器脱手術の件数が増えています。
※実績は下表参照。

泌尿器科手術実績
手術名 2012年度 2013年度 2014年度
副腎摘除(開腹) 1 0 0
根治的腎摘除術(開腹) 0 5 4
根治的腎摘除術(鏡視下) 3 5 4
腎部分切除術(開腹) 0 0 3
腎尿管全摘膀胱部分切除術(開腹) 3 1 2
腎尿管全摘膀胱部分切除術(鏡視下) 3 0 4
尿管切石術 1 0 0
経尿道的尿管砕石術(TUL) 9 11 17
軟性鏡を用いた経尿道的尿管砕石術(fTUL) 0 0 1
尿管膀胱吻合術 1 0 0
経尿道的膀胱腫瘍切除(TUR-BT) 41 47 67
経尿道的電気凝固術 0 0 3
膀胱全摘除術(開腹) 4 1 0
膀胱部分切除 1 0 0
膀胱憩室切除術 1 0 0
膀胱切石術 1 0 0
経尿道的膀胱砕石 3 12 7
前立腺生検(麻酔下) 1 1 3
根治的前立腺全摘除術(開腹) 1 4 5
経尿道的前立腺切除(TUR-P) 9 12 17
経尿道的レーザー前立腺核出術(HoLEP) 0 0 6
被膜下前立腺摘出術(RPP) 1 0 0
内尿道切開 1 0 1
尿道カルンクル・尿道脱 1 2 1
TVTスリング手術 1 0 0
TVM手術 2 0 0
骨盤脱手術その他 3 8 6
包茎手術 15 7 2
陰茎癌・陰茎切断術 2 0 0
鼠径リンパ節郭清 2 1 0
精巣固定術 0 1 3
精巣静脈高位結紮(開腹) 9 15 0
腹腔鏡下精索静脈高位結紮 0 0 15
精巣静脈低位結紮(顕微鏡下) 2 8 21
精巣癌・高位精巣摘出術 2 1 0
精巣摘出術 1 1 4
精巣内精子採取(TESE) 5 5 3
精巣内精子採取 顕微(MDTESE) 9 10 8
精巣生検・精管造影 1 0 0
精液瘤切除 1 1 0
陰嚢水腫根治術(小児・交通性) 2 0 1
陰嚢水腫根治術(成人・非交通) 3 3 5
精管切断術(パイプカット) 0 0 1
その他 6 12 12
152 174 226
ESWL 45 63 61
検査実績(2014年度)

泌尿器科疾患全般の診療に必要な検査の大半を施行しています。排尿症状を主訴に受診される方が多いため、外来診療中に尿流検査、残尿測定などを行っています。複雑な排尿障害や尿失禁の診断、治療方針の検討の際には、専門的な排尿生理機能検査である尿流動態検査を行っています。また、膀胱鏡や超音波検査なども外来診療中に施行しています。2014年度は、膀胱鏡システム一式を更新し、より詳細な観察ができるようにしました。上部尿路腫瘍が疑われる症例や尿管狭窄の症例の診断には、透視下で逆行性尿路造影検査や分腎尿採取などを行います。経直腸前立腺生検は1泊入院で行っています。2014年度は週2-3例施行しました。

学会発表・論文
第102回日本泌尿器科学会総会(神戸)
男性不妊症患者の精液所見に対する精索静脈瘤根治術の効果~特に高齢患者に対して~
山崎一恭、内田将央、石塚竜太郎、菅藤哲、西山博之、岩本晃明
第99回日本泌尿器科学会
茨城地方会(つくば)
腎部分切除後に横紋筋融解症が疑われた一例
和久夏衣、山崎一恭
茨城県排尿障害セミナー(つくば)
茨城県におけるLUTS診療と女性泌尿器科医の現状
和久夏衣
茨城県医師会研修会
「かかりつけ医のための泌尿器疾患診療のポイント」(水戸)
女性の排尿障害ー概論ー
和久夏衣
第101回日本泌尿器科学会
茨城地方会(つくば)
尿路感染症、敗血症を契機に診断され、摘出に難渋した膀胱内巨大異物の一症例
山崎一恭、和久夏衣
第19回関東アンドロロジーカンファレンス(東京)
クラミジア尿道炎の既往があり、多発精管/精巣上体管閉塞を呈した閉塞性無精子症に対して精路再建術を施行した症例
山崎一恭、渡邉倫子、岩本晃明

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー