リハビリテーション科

第22回教室(第5回筑波山ハイキング)

2012年9月29日に第5回となる筑波山ハイキングが開催されました。今年のハイキングでは、開催当日まで台風直撃と言われていましたが、奇跡とでも言ったら良いのでしょうか!?台風が2つも近づいているというのに、台風はそれぞれ登山の当日を挟み直撃をまぬがれまし!!前日には巨大台風が通過したため、ハイキングを決行できるのか不安は募っていました・・・が、ハイキング当日の朝は清々しい晴天で無事決行することができました!!
今回のハイキングの参加者は16名と多くの方に集まっていただきました。参加者の中には、筑波山ハイキングを何回も経験しているベテランさんから初めて挑戦する方もいらっしゃいました!筑波学園病院のリハビリスタッフをはじめ、看護師やボランティアなど多くの方に協力してもらい、総勢64名と大所帯で大盛況に終わった筑波山ハイキングをレポートしていきます。

写真

今回もA班への参加者は多く、9名でした!!
続々と参加者が集合する中、お天道様の気が変わってしまったのか、山頂付近には厚い雲が…そんな事はお構いなしに、参加者が集合したためいざ出発!!やはりA班の方々、さすがですねー!序盤からハイペース!!
しかし、やはり例年通りこの声が・・・「ここが地味にきついのよねー(笑)」そう言いつつも快調に登っていきます♪所々で休憩はとりますが難なく進んでいき、徐々に道は険しくなっていきます!!前日の雨の影響で路面はぬかるんでおり、足場をとられそうになりますが、皆さん負けじと頑張って…やっと中間地点に到着です!!!天候は優れませんが、皆さんの表情はその天候を振り払うような、とても良い表情をしていました。

ちょっと長めの休憩をとったのに、景色が何も見えなかったのは少々寂しい気がしましたね。いよいよ後半戦!!前半と比べると、道が険しいですね…
皆さん息を切らしながらも、終盤へとかかってきました。今回は、人が多かったですね!!しかし!さすがアルピニストの皆さん、ジェントルマンの心をお持ちですね。譲り合いながら、ついに登頂です!! 皆さんの顔からは笑顔がこぼれ落ちていました♪
登頂はできましたが、霧がかかって周囲ははっきり見えません…。
しかし、登頂もできたのでお決まりの『ハイチーズ!!!』

写真

7名の参加者の方と歩いたB班は、筑波山神社から出ているケーブルカーで山頂駅まで行き、そこから徒歩にて女体山山頂を目指すコースとなっています。 まずは、宮脇駅でケーブルカーに乗る準備です。出発前にケーブルカーをバックに写真をパチリ♪

写真写真

筑波山頂駅からの道のりは、尾根を歩いていくコースなので足元は平らかと思いきや…意外に険しくデコボコです。そして、前日が悪天候であったため、ぬかるんでいる部分も多くありました。ストックを使ったり、スタッフと手を取り合いながら、1歩1歩進んでいきます。通りすがる人たちと『こんにちわー。頑張ってくださーい。』とあいさつを登るのも、ハイキングの醍醐味です。

写真

途中の休憩では、おやつを食べて栄養補給をしたり、談笑をして交流を図りました。
皆さん、同じ病気と闘っている方たちなので、リウマチについての情報交換もできました。

写真

他のコースより山頂への到着が遅れてしまい、他のコースの方たちと一緒には山頂には行けませんでしたが、着いた時に雲の切れ目から青空が・・・。
皆さんの日頃の行いが良い結果、最高の登頂となりました!!

C班は4名の参加者の方とロープウェイ乗り場から山頂を目指します。今年は予定通り13時40分につつじヶ丘駅を出発です。山頂に近づくにつれて、雲が濃くなり女体山山頂駅へ到着!!C班はここから山頂へ向かいます。

写真

山頂広場までは、幾段にも連なる階段を上っていきます。今年のC班の参加者さんの特徴はとにかくハイスピード、今までのC班の最速記録ではないでしょうか。皆さん健脚でスタッフの介助もほとんど必要なく、談笑しながら一気に山頂広場に到着。

写真

当初の予定よりも15分程度早く到着し、記念撮影や談笑してから最難関の神社への石階段に備えます。

写真

ここからは足場を1つ1つ確認し、山頂へ向けてのラストスパート!途中、神社の前で休憩し山頂へ向けての力を溜めて、他の班の到着を待ち、最後は尾登先生の激を受けながら山頂へ到着です。

写真

山頂はあいにく曇りでしたが、参加者の方々は登った達成感で晴れ晴れとしていました!!

<参加された方からの声 ~アンケートより~>
(1)年代別参加者人数
グラフ
(2)参加された方の身体状況
○仕事や身の回りの事が行える(9名)
○関節の痛みやこわばりがあり、運動制限はあるが、普通の活動は何とか行える(5名)
○普通の仕事や、自分の身の回りのことはわずかにできる(1名)
○車椅子に座ったきりで、身の回りのことはほとんどできない(0名)

(3)リウマチ教室での登山回数
初参加の方もたくさんいらっしゃいました!

初めて2回目3回目4回目5回目
5名1名6名2名1名

(4)参加された方の反応
登山・合唱共に好評でした!!

グラフ

  • 岩場の手すりがもう少しあると嬉しいです。
  • 段差が思ったより激しかったです。
  • とても楽しく歌えました。登山も初めて参加できて良かったです。
  • 毎年登るのが楽になります。自分の体調・体力の確認もできますし、年に一度お会いできる患者さんとの交流も楽しみです。力を貰って来年また頑張ろうと思います。
  • 自分の足で、登ったのは初めてなので筑波山を甘く見てはいけませんでした。頑張って良かったです。

今回の筑波山ハイキングでは、新しい山頂イベントとして「Shall we sing?(合唱)」を 企画しました。霧に包まれあいにくの天気でしたが、大きな声で歌い晴れ晴れとした気分になれましたね!初めて参加された方も、常連の方も、この教室を通してあきらめていた事にどんどんチャレンジしていってもらえたらと思います。皆さん、お疲れさまでした!

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー