男性不妊

無精子症に対する手術:TESEについて

通常の精液検査で精子が認められず、精液を遠心・濃縮しても見つからない状態を無精子症と言います。無精子症は以下の2つに分類されます。

閉塞性無精子症(Obstructive azoospermia, OA)

精子の通り道(精路)の閉塞が原因。精巣の中では正常に精子が形成されている。無精子症の約20%を占める。

非閉塞性無精子症(Nonobstructive azoospermia, NOA)

精路に明らかな閉塞はなく、精巣内での精巣の形成に異常が生じている。無精子症の約80%を占める。

OA患者さん、NOA患者さんの両方に対して、現在標準的に行われているのはともにTESE(精巣内精子回収術)と言われる手術です。しかし2つのTESEの内容は実は異なっています。

OA患者さんに対して:conventional TESE

陰嚢の真ん中に3cmくらい皮膚切開をおき、状態の良い方の精巣の被膜に小切開を入れて、精巣組織の一部を採取する。

NOA患者さんに対して:micro(MD)-TESE

精巣の被膜を大きく開いて、手術用顕微鏡で精巣内をくまなく探索して精子を回収する。片方の精巣で回収出来ない場合、もう片方を検索する。

いずれの方法も自費診療となります。OAに対するconventional TESEの場合、精子回収率はほぼ100%となりますが、NOAに対するmicro-TESEでの精子回収は30%にとどまります。
またOA患者さんに対しては、閉塞部位を取り除いて繋ぎ直す精路再建術を行うことにより、自然妊娠が可能となる事もあります。

不妊治療について

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー