リプロダクションについて

リプロダクションチーム医療について

当院のリプロダクションチームは産婦人科医師、泌尿器科医師、看護師、胚培養士、不妊カウンセラーなど多職種から成り立っています。もちろんバックアップしているスタッフは他にも薬剤師、放射線技師、事務など他部門に渡ります。患者さんカップルを中心にスタッフ間の横の連携を重視し、『全人的に治療を提供し、共に考えたい』という信念のもと日々診療しています。
ここで少し専門職に触れます。

体外受精コーディネーター

体外受精コーディネーターはNPO法人日本不妊カウンセリング学会による認定資格です。卵子や精子、受精卵を直接扱う治療法においてそれぞれのカップルに治療法について、適切な情報提供を行い、最適な不妊治療を選択できるよう支援しています。また問題の解決、患者さんカップルと関係する職種への調整などを行っています。

胚培養士

皆さんにお目にかかるときがなかなかありません。しかしリプロダクションには欠かせない大きな存在です。胚培養士の仕事は大きく2つあります。一つ目は「精子」に関わる業務です。不妊外来、泌尿器科外来で行う精液検査、人工授精のときの精子の処理、体外受精時の精子の処理、精子凍結保存、凍結精子の融解などをおこなっています。二つ目は卵子や胚に関する業務です。体外受精の時に採卵によって採取された卵胞液から卵子をみつけ、精子とあわせるためにふりかけたり(媒精)顕微授精を行います。その後受精の確認や培養、胚移植の補助、胚凍結保存や融解なども行います。
ほかにも培養室の管理や患者さんカップルのデータ管理も胚培養士の大切な仕事のひとつです。受精をお手伝いし、胚を母体に戻すまでの期間、大切にお預かりし育てる、その環境を整えることが胚培養士の役割です。

不妊専任看護師チーム

生殖医療は医師、胚培養士、不妊カウンセラー、看護師以外にも薬剤師など多職種と連携、協働し治療にあたることが必要です。患者さんご夫婦と直接関わる機会の多い看護師の役割は重要です。現在当院では病棟看護師と外来看護師5名で専任チームが結成されており、生殖医療に関わる看護業務を行っています。
生殖補助医療の治療中、患者さんが不安や悩みを感じることなく治療がスムースに受けられるよう必要な情報を提示し心理面においても支援させていただきます。また採卵や胚移植の手技の介助を行っています。入院が必要になる患者さんの情報は外来看護師と病棟看護師で連携をとりながら治療内容を把握し、看護にあたっています。医師や培養士、カウンセラーとも必要な情報について情報交換を行い、連絡や調整を行うなど、患者さんご夫婦を全人的にとらえ、生殖医療を行っていくうえでの中心的な役割を担っています。

リプロダクションチーム医療について

不妊カウンセリング

不妊カウンセリング豆知識

※掲載中の記事、写真、イラストなどの著作権は筑波学園病院または、その情報提供者に帰属します。無断転載、再配信等は一切お断りします。

不妊治療について

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー