不妊の基礎 - 検査について

基本検査で気を付けること

不妊検査が開始する前に、みなさんに「不妊症の基本検査・治療にかかる費用」パンフレットをお渡ししています。
女性の場合は月経周期にあわせて様々な検査を行っていきます。検査をスタートして最初の月経周期は度々受診が必要で、粛々と検査をすすめていくことになります。また検査費用もかかってきます。心にとめておいていただきたいことは次の通りです。

  • 1.時間のかかるもの、少し苦痛(痛み)を伴う検査がある。
  • 2.医師が予約しなければならない検査がある。(融通が利かない)
  • 3.検査結果は全ての検査が終了してからまとめ、治療方針を決める。

ご自分でも何の検査を行ったか、足りていないものは何か、しっかり把握するようにしていきましょう。これだけの検査をしてやっと「どういう感じか?」という一人ずつの特徴がわかってきます。検査結果をその都度ご説明していくと、かえって混乱することがありますので、例えば「ただちに泌尿器科の受診が必要」「不妊以外でかくれた病気があるので、内科受診を」「月経周期を整えて検査を行いましょう」など特別な理由がないかぎり、検査結果をすべてまとめて治療方針をお示ししていきます。
この時点で何やらわからずモヤモヤしたら、迷わず不妊カウンセリングへいらしてください。
いっしょに確認をしていきましょう。

不妊カウンセリング

不妊カウンセリング豆知識

※掲載中の記事、写真、イラストなどの著作権は筑波学園病院または、その情報提供者に帰属します。無断転載、再配信等は一切お断りします。

不妊治療について

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー