神経内科

お知らせ

お知らせはありません

一覧を見る

診療科紹介

パーキンソン病、アルツハイマー病、片頭痛、脳卒中、てんかんなどを主に取り扱います。
脳と神経の疾患全般を取扱う比較的新しい診療科です。それぞれの患者さんに適した治療を心がけています。神経内科専門医が外来診療を担当します。高精度MRI装置、神経電気生理学的検査を駆使して、正確・精密な診断を重視しています。筑波大学附属病院とも連携して、入院検査・治療が必要な場合にも対応できます。

外来診療

週3回の外来を開設しています。
対象疾患は多種に及び、パーキンソン病・症候群、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、運動ニューロン疾患などの変性疾患の他、各種の認知症、脳卒中後遺症、各種末梢神経障害、ミオパチーなどを外来で診療しています。また、頭痛、てんかんなどの機能性疾患も多いです。
当院には、神経内科医が常勤として勤務していないため、入院による診断・治療が必要な場合、筑波大学附属病院 など、近隣の神経内科常勤医が勤務する病院に紹介しています。

外来診療表、休診・代診情報

外来診療表
休診・代診情報
日付 時間帯 休・代診 担当医師 代診医師・その他
2018.10.11(木) 午後 休診 玉岡医師
2018.10.25(木) 午後 休診 玉岡医師 10月23日(火)PMに代診
2018.12.20(木) 午後 休診 玉岡医師 12月25日(火)PMに代診

全科の休診・代診情報はこちら

主な疾患

  • パーキンソン病
  • 片側顔面けいれん
  • 痙性斜頸
  • 脊髄小脳変性症
  • 脳卒中後遺症
  • 片頭痛
  • 群発頭痛
  • レストレス レッグス症候群
  • アルツハイマー病
  • 神経障害性疼痛
  • 眼瞼けいれん
  • 本態性振戦
  • 成人のてんかん
  • 顔面神経麻痺
  • 三叉神経痛

医師紹介

その他

検査実績(2016年度)

神経伝導検査76件、針筋電図21件、その他の検査5件

学会発表・論文
著書
エルゼビア・ジャパン
『今日の臨床サポート』2015年9月
筋強直症候群(筋緊張性ジストロフィー、ミオトニア)
渡邊雅彦
パーキンソン病、今日の精神疾患地治療指針(第2版)
玉岡 晃
樋口輝彦、市川宏伸、神庭重信、朝田 隆、中込和幸編集、2016、pp418-421
認知症.診療ガイドラインUP-TODATE 2016-2017
玉岡 晃
門脇 孝、小室一成、宮地良樹監修、2016、pp504-512.
認知症治療薬.Pocket Drugs2016
玉岡 晃
福井次夫監修、小松康宏、渡邉裕司、編集、医学書院(東京)、2016、pp88-89.
学会発表
第55回日本神経学会学術大会(福岡)
2014年5月
重症筋無力症における術後クリーゼ発症予防の検討
野原誠太郎、石井亜紀子、寺田真、山本詞子、保坂孝史、柳葉久実、冨所康、中馬越清隆、詫間浩、石井一弘、渡邊雅彦、玉岡晃
第55回日本神経学会学術大会(福岡)
2014年5月
パーキンソン病患者におけるレム期睡眠行動異常症、認知障害、精神症状
渡邊雅彦、玉岡晃
第55回日本神経学会学術大会(福岡)
2014年5月
携帯歩行計を用いた小脳性歩行障害の解析
保坂孝史、石井一弘、柳葉久実、山本詞子、寺田 真、山口哲人、中馬越清隆、冨所康志、詫間 浩、石井亜 紀子、渡邊雅彦、玉岡 晃
第55回日本神経学会学術大会(福岡)
2014年5月
筋萎縮性側索硬化症におけるFrontal Assessment Batteryのスコアと関連する因子の検討
相澤哲史、寺田 真、保坂孝史、儘田直美、山口哲人、山本詞子、石井亜紀子、石井一弘、詫間 浩、冨所康 志、中馬越清隆、渡邊雅彦、玉岡 晃
第55回日本神経学会学術大会(福岡)
2014年5月
当院における筋萎縮性側索硬化症患者の臨床的検討-呼吸・栄養管理を中心に
山本詞子、石井亜紀子、柳葉久実、保坂孝史、寺田 真、中馬越清隆、冨所康志、詫間 浩、石井一弘、渡邊 雅彦、玉岡 晃
第55回日本神経学会学術大会(福岡)
2014年5月
封入体筋炎患者における骨格筋に対する自己抗体の検討
寺田 真、石井亜紀子、柳葉久実、保坂孝史、山本詞子、中馬越清隆、冨所康志、詫間 浩、石井一弘、渡邊 雅彦、玉岡 晃
第56回日本神経学会学術大会(新潟)
2015年5月
パーキンソン病患者におけるアパシーならびにうつと姿勢反射障害の相関
渡邊 雅彦、玉岡 晃
第56回日本神経学会学術大会(新潟)
2015年5月
MPO-ANCA陽性肥厚性硬膜炎3例の臨床的特徴の検討
森山 哲也、石井 亜紀子、野原 誠太郎、柳葉 久実、山本 詞子、保坂 孝史、中馬越 清隆、冨所 康志、詫間 浩、石井 一弘、渡邊 雅彦、玉岡 晃
第56回日本神経学会学術大会(新潟)
2015年5月
当科で経験したエオジン好性核内封入体病の4症例の検討
保坂 孝史、石井 一弘、柳葉 久実、寺田 真、山口 哲人、中馬越 清隆、冨所 康志、詫間 浩、石井 亜紀子、渡邊 雅彦、中野 裕太、初田 裕幸、村山 繁雄、玉岡 晃
第56回日本神経学会学術大会(新潟)
2015年5月
常染色体優性の遺伝形式をとる高齢発症の家族性筋委縮性側索硬化症の一家系
野原 誠太郎、石井 亜紀子、森山 哲也、柳葉 久実、保坂 孝史、保坂 愛、詫間 浩、冨所 康志、中馬越 清隆、石井 一弘、渡邊 雅彦、松岡 亮太、野口 雅之 市川 弥生子、高橋 祐二、石浦 浩之、後藤 順、玉岡 晃
第56回日本神経学会学術大会(新潟)
2015年5月
当院での腰椎穿刺検査における有害事象の検討
柳葉 久実、石井 一弘、野原 誠太郎、森山 哲也、保坂 孝史、詫間 浩、冨所 康志、中馬越 清隆、石井 亜紀子、渡邊 雅彦、玉岡 晃
第57回日本神経学会学術大会(神戸)
2016年5月
辺縁系脳炎におけるGDF15およびFGF21の検討
石井亜紀子、山本詞子、野原誠太郎、柳葉久実、森山哲也、遠坂直希、三宅善嗣、八ツ賀秀一、保坂孝史、寺田 真、山口哲人、相澤哲史、儘田直美、辻 浩史、冨所康志、中馬越清隆、石井一弘、渡邊雅彦、玉岡 晃
第57回日本神経学会学術大会(神戸)
2016年5 月
当院で経験したリウマチ性髄膜炎の3症例
遠坂直希、渡邊雅彦、石井亜紀子、野原誠太郎、三宅善嗣、森山哲也、柳葉久実、辻 浩史、冨所康志、中馬越清隆、石井一弘、玉岡 晃、大和万里子、坂下信悟、野口雅之、上月暎浩、伊藤嘉朗、阿久津義光、石川栄一、松村 明
第57回日本神経学会学術大会(神戸)2016年5月
胸腺腫を伴わない全身型重症筋無力症治療法の変遷
辻 浩司、冨所康志、中馬越清隆、石井亜紀子、石井一弘、渡邊雅彦、柳葉久実、森山哲也、野原誠太郎、遠坂直希、三宅善嗣、保坂孝史、山本詞子、儘田直美、玉岡 晃
第57回日本神経学会学術大会(神戸)2016年5月
多発性硬化症/視神経脊髄炎におけるGDF-15、FGF-21の検討
野原誠太郎、石井亜紀子、山本詞子、遠坂直希、三宅善嗣、森山哲也、柳葉久実、保坂孝史、寺田 真、山口哲人、儘田直美、辻 浩史、冨所康志、中馬越清隆、石井一弘、渡邊雅彦、八ツ賀秀一、古賀靖敏、玉岡 晃
原著論文
Mitochondria are devoid of amyloid β-protein (Aβ)-producing secretases: Evidence for unlikely occurrence within mitochondria of Aβ generation from amyloid precursor protein. Biochem Biophys Res Commun. 2017 Apr 29;486(2):321-328. doi: 10.1016/ j.bbrc.2017.03.035. Epub 2017 Mar 14. PMID:28302486
Mamada N, Tanokashira D, Ishii K, Tamaoka A, Araki W.
Acetylcholinesterase inhibitor treatment alleviated cognitive impairment caused by delayed encephalopathy due to carbon monoxide poisoning: Two case reports and a review of the literature. Medicine (Baltimore). 2017 Feb;96(8):e6125. d o i : 10 . 1097 / MD . 0000000000006125 . PMID:28225493
Yanagiha K , Ishii K , Tamaoka A .
Chronic Graftversus-host Disease Presenting with Multiple Punctate Intracranial Lesions on Contrast-enhanced Magnetic Resonance Imaging. Intern Med. 2017; 56(3): 363-368. doi: 10.2169/internalmedicine. 56. 7329. PMID: 28154284
Terada M, Nakamagoe K, Obara N, Ogawa S, Sakamoto N, Sato T, Nohara S, Chiba S, Tamaoka A.
The neurotoxicity of amyloid β-protein oligomers is reversible in a primary neuron model. Mol Brain. 2017 Jan 31; 10(1): 4. doi: 10.1186/s13041-016-0284-5. PMID: 28137266
Tanokashira D, Mamada N, Yamamoto F, Taniguchi K, Tamaoka A, Lakshmana MK, Araki W.
Long-term accumulation of diphenylarsinic acid in the central nervous system o f cynomolgus monkeys. Arch Toxicol. 2017 Jan 25. doi: 10.1007/s00204-016-1928-z. [Epub ahead of print] PMID:28120037
Masuda T, Ishii K, Seto Y, Hosoya T, Tanaka R, Nakayama T, Iwasaki N, Shibata Y, Tamaoka A.
Transforming growth factor-β1 in the cerebrospinal fluid of patients with distinct neurodegenerative diseases. J Clin Neurosci. 2017 Jan; 35: 47-49. doi: 10.1016/ j.jocn. 2016. 09. 018. PMID: 27756506
Masuda T, Itoh J, Koide T, Tomidokoro Y, Takei Y, Ishii K, Tamaoka A.
A case of very-long-chain acylcoenzyme A dehydrogenase deficiency with novel compound heterozygous mutations. J Neurol Sci. 2016 Sep 15; 368: 165-7. doi: 10.1016/j.jns. 2016. 07. 007. No abstract available. PMID:27538624
Yamamoto F, Nakamagoe K, Yamada K, Ishii A, Furuta J, Yamaguchi S, Tamaoka A.
Third nerve palsy due to local inflammation associated with vascular compression: A case series. J Neurol Sci. 2016 Aug 15; 367: 365-7. doi: 10. 1016/j.jns. 2016. 06. 048. No abstract available. PMID: 27423622
Shimizu M, Tozaka N, Ishii A, Mamada N, Terada M, Takuma H, Tamaoka A.
Adult-onset Krabbe disease presenting as acute hemiparesis and progressive demyelination detected by diffusionweighted imaging. J Neurol Sci. 2016 Aug 15; 367: 326-8. doi: 10. 1016/j.jns. 2016. 06. 026. No abstract available. PMID: 27423612
Mamada N, Nakamagoe K, Shioya A, Furuta J, Sakai N, Ishii A, Tamaoka A.
Nivolumab-induced chronic inflammatory demyelinating polyradiculoneuropathy mimicking rapidonset Guillain-Barré syndrome: a case report. Jpn J Clin Oncol. 2016 Sep; 46 (9): 875-8. doi: 10.1093/jjco/hyw090. PMID: 27380808
Tanaka R, Maruyama H, Tomidokoro Y, Yanagiha K, Hirabayashi T, Ishii A, Okune M, Inoue S , Sekine I , Tamaoka A , Fujimoto M.
Vestibular Impairment in Frontotemporal Dementia Syndrome. Dement Geriatr Cogn Dis Extra. 2016 May 26; 6 (2): 194-204. doi: 10. 1159/000445870. PMID: 27350780
Nakamagoe K, Kadono K, Koganezawa T, Takiguchi M, Terada M, Yamamoto F, Moriyama T, Yanagiha K, Nohara S, Tozaka N, Miyake Z, Aizawa S, Furusho K, Tamaoka A.
α-Synuclein fibrils exhibit gain of toxic function, promoting tau aggregateon and inhibiting microtubule assembly. J Biol Chem 2016; 291 (29): 15046-56.
Oikawa T, Nonaka T, Terada M, Tamaoka A, Hisanaga S, Hasegawa M.
Ultracentrifugation-free chromatography-mediated large-scale purification of recombinant adenoassociated virus serotype 1 (rAAV1). Mol Ther Methods Clin Dev. 2016 Feb 10; 3: 15058 . doi : 10 . 1038 / mtm . 2015 . 58 . eCollection 2016. PMID: 26913289
Tomono T, Hirai Y, Okada H, Adachi K, Ishii A, Shimada T, Onodera M, Tamaoka A, Okada T.
Randomized placebo-controlled trial of zonisamide in patients with Parkinson’s disease. Neurology and Clinical Neuroscience 4 (2016): 10-15.
Murata M, Hasegawa K, Kanazawa I, Shirakura K, Kochi K, Shimazu R, and The Zonisamide PD Study Group
Decreased dopamine transporter and receptor ligand binding in Parkinsonism with diabetic uremic syndrome. Ann Nucl Med. 2016 May; 30 (4): 320-4. doi: 10.1007/s12149-015-1054-7. Epub 2016 Jan 20. PMID: 26790869
Ishii K, Ishii K, Shioya A, Nemoto K, Tamaoka A.
Yamada K, Kobayashi H, Bo R, Takahashi T, Purevsuren J, Hasegawa Y, Taketani T, Fukuda S , Ohkubo T , Yokota T , Watanabe M, Tsunemi T, Mizusawa H, Takuma H, Shioya A, Ishii A, Tamaoka A, Shigematsu Y, Sugie H, Yamaguchi S.
Clinical, biochemical and molecular investigation of adult-onset glutaric acidemia type II: Characteristics in comparison with pediatric cases. Brain Dev. 2016; 38 (3): 293-301.
レボドパが著効した開瞼困難の69歳女性例.運動障害26( 2 ):85−90、2016
三宅善嗣、辻 浩史、藤本泰毅、玉岡 晃
可逆性のMRI 病変が認められた高齢初発複雑部分発作の1 例.臨床神経、56:472-476、2016
白岩伸子、保坂孝史、榎本強志、星野幸子、玉岡 晃、大越教夫
Gen Sobue Clinicopathological features of adultonset neuronal intranuclear inclusion disease. Brain, 139(12): 3170–3186, 2016
Jun Sone, Keiko Mori, Tomonori Inagaki, Ryu Katsumata, Shinnosuke Takagi, Satoshi Yokoi, Kunihiko Araki, Toshiyasu Kato, Tomohiko Nakamura, Haruki Koike, Hiroshi Takashima, Akihiro Hashiguchi, Yutaka Kohno, Takashi Kurashige, Masaru Kuriyama, Yoshihisa Takiyama, Mai Tsuchiya, Naoyuki Kitagawa, Michi Kawamoto, Hajime Yoshimura, Yutaka Suto, Hiroyuki Nakayasu, Naoko Uehara, Hiroshi Sugiyama, Makoto Takahashi, Norito Kokubun, Takuya Konno, Masahisa Katsuno, Fumiaki, Tanaka, Yasushi Iwasaki, Mari Yoshida,
Peptidergic phenotypes of pheochromocytoma. Medical Research Archives. vol.5 2017
Masahiko Watanabe
総説
脂質異常症と認知症.血圧 24 ( 2 ):35−39、2017
玉岡 晃
神経軸索スフェロイド形成を伴う遺伝性びまん性白質脳症(HDLS).Brain & Nerve 69( 1 ):17-23, 2017.
玉岡 晃
発症前の病態とMCI.Clinical Neuroscience 34( 9 ): 992-997, 2016.
玉岡 晃
脂質異常症と認知症.Brain and Nerv 68( 7 ):737-742, 2016
玉岡 晃
Hereditary diffuse leukoencephalopathy with spheroids (HDLS)(スフェロイドを伴う遺伝性びまん性白質脳症)、精神科 28( 5 ):411−417、2016
玉岡 晃
アルツハイマー病の疫学と危険因子. 医学のあゆみ 257( 5 ):444−448、2016.
玉岡 晃
Alzheimer 病の臨床治験の現状.最新医学 71( 3 月増刊号):172−178(550−556)、2016.
玉岡 晃
筋強直症候群(筋緊張性ジストロフィー、ミオトニア)エルゼビア・ジャパン、『今日の臨床サポート』2016/9
渡邊雅彦:監修・編集永井良三、福井次矢、木村健二郎、上村直実、桑島 巌、今井 靖、嶋田 元

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー