大腸癌ドック

―大腸癌は早期であれば、治癒率の高い疾患です―

1.大腸癌ドックのご紹介

大腸癌は年々増加の一途をたどっております。大腸癌は早期であれば治癒率の高い疾患です。
大腸癌を早期に発見するためには"下部消化管内視鏡検査(大腸ファイバー)"が不可欠です。しかし、大腸ファイバーは、従来の人間ドックでは1日ドックでなければ実施することが困難でした。
40歳から50歳代の方々から「大腸癌は確かに心配だが、毎日の仕事が忙しく、1日ドックを受診することができない。やりたくてもやれない!」という切実なご要望を頂いてきました。
当院の大腸癌ドックでは、ご希望の方には"上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)"も同じ日に実施致します。
"大腸癌は心配だが毎日忙しい"方には最適なドックです。
健康にお過ごし頂くために大腸癌ドックの受診をお勧めします。

※下記にあてはまる方は大腸癌ドックの対象となりません。
主治医にご相談されるか、消化器内科外来を受診される事をお勧め致します。

  1. 健康診断などで便潜血が陽性になった方
  2. 大腸ポリープの切除をされたことがある方
  3. 大腸の手術をされたことがある方
  4. 腹痛などの消化器症状がある方

2.検査内容

  • 下部消化管内視鏡検査(大腸ファイバー)
  • 上部消化管内視鏡検査(オプション希望者のみ)
  • 血液検査(CEAオプション希望者のみ)

3.当日の流れ

~9:00 受付、検査着衣替
9:00~ 説明書閲覧、下剤服用
14:00~ 大腸ファイバー開始、検査終了後に結果説明

各健診のご案内

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー