脳ドック

―最新機器で、早期発見―

1.脳ドックのご紹介

脳出血、脳梗塞、脳腫瘍などの脳疾患は、心臓病、がんと並んで3大成人病のひとつに数えられています。
脳疾患発病後に治療を開始するのでは遅い場合も少なくありません。言語障害、記憶障害、運動機能障害などの脳疾患の諸症状は、患者本人ばかりでなく、家族全体にも大きな負担となります。
そこで脳ドックによる脳の専門的な検診が必要となってきます。MRI(核磁気共鳴断層撮影)、MRA(核磁気共鳴血管撮影)、頚動脈超音波、頚椎撮影などの最新の画像検査および血液検査を通じて、脳について総合的な情報を得ることにより、脳疾患の早期発見、早期治療に繋げていくことが可能となります。
当院の脳ドックでの各種の画像検査は、造影剤・麻酔剤などの注射や内服を必要とせずに脳の小梗塞、動脈瘤などを発見することが可能です。検査のための薬剤によるアレルギーの心配もありません。

対象となる方
30歳以上の男女

※閉所恐怖症の方はお申し出下さい。

2.検査項目

半日ドックの検査項目はこちら

3.当日の流れ

8:20~9:00 受付、検査着衣替、身体測定、血圧測定、心電図検査
9:00~ 眼底検査、頚動脈超音波検査、頚椎X線撮影検査、MRI検査、MRA検査
11:00~ 診察及び検査結果の説明(内科系医師、脳神経外科医師)

各健診のご案内

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー