乳腺内分泌外科

お知らせ

診療科紹介

当科では、乳腺、甲状腺、副甲状腺、副腎およびリンパ節の各疾患についての診療を行っています。診療体制は常勤医師(石川智義)1名、手術担当の非常勤医師として、原尚人医師(筑波大学乳腺甲状腺内分泌外科)及び筑波大学附属病院の研修医、乳がん健診部門および診療部門に分けて実施しています。
当院は日本乳癌学会の乳癌関連施設および日本内分泌外科学会の認定施設の各施設認定を受けています。
乳がん健診部門としては、乳癌の専門ドック、市町村、企業および人間ドックで施行される乳がん健診を実施しています。乳がん患者の増加に伴い、乳がん健診の重要性が増し、健診受診者も増加しています。通常の乳がん健診では毎回要精査となってしまうため、外来で定期チェックを目的に受診する患者さん及び乳がん健診の2次健診のために外来を受診する患者さんが増加してきています。
診療部門では、外来診療(月曜日午前・火曜日午後・金曜日午前午後)、手術療法、入院及び外来での化学療法、近隣医療機関と協力して進行乳癌患者に対する緩和ケア及び在宅療法の支援を実施しています。乳癌術後の上肢挙上訓練及び患側上肢浮腫の防止のためにリハビリテーション科と連携をしてリハビリテーションの推進を行っています。腎性副甲状腺機能亢進症患者に対する副甲状腺全摘術(以下PTx)については、当院腎臓内科および近隣の透析病院と連携して診療を進めています。甲状腺疾患については、当院耳鼻咽喉科との診療連携を行っています。乳腺疾患、甲状腺疾患、副甲状腺疾患ともに医療機関からの紹介患者が増加傾向にあり、今後も各疾患についてさらに個々のニーズにそった診療を進めていきたいと考えています。
また、乳癌術後患者の会であるリボンの会を毎年開催しています。がん診療委員会の下部組織として、緩和ケアチームを立ち上げました。地域包括ケアに資することも視野に入れて、特にがん患者の緩和ケアをコンサルテーションを通じて助言をおこなうシステムを目指しています。今後、発展させていきたい分野と考えています。
当科では、がん診療委員会の要請を受け、緩和ケア基礎講習会伝達講習会を各病棟の看護師に対して実施しました。急性期医療病院である当院の役割を再認識するとともに、地域包括的医療の中で当院がその一翼を担えるようにしていきたいと考えています。また、がん診療委員会の下部組織として、緩和ケアチームを組織し、科の垣根を越えて、各科からのコンサルテーションを通じて、がん緩和ケアを必要とする患者に助言を行っています。道半ばではあるが今後とも緩和ケアの面でも役割を果たしていけたらと考えています。

外来診療

外来診療では、視診・触診・穿刺吸引細胞診・乳頭分泌物細胞診を施行し、検査説明・検査結果・治療経過などの説明・指導を行っています。2014年度は紹介患者数も乳腺疾患および甲状腺疾患ともに増加しています。手術患者および化学療法患者ともに入院期間が短期である当科では、外来での診療は重要な診療の柱をなしています。
乳がん健診部門においては、人間ドック・企業健診・市町村の乳がん健診・個人単位の希望者に対する乳がん健診を実施しました。マンモグラフィ健診の普及に伴い、触診単独の健診は廃止し、触診+マンモグラフィ、触診+マンモグラフィ+超音波検査の2種類としました。超音波健診を希望される方が増加する傾向にあります。また、健診結果も健診日に健診者に説明をしています。

入院診療

入院診療では主に手術患者及び化学療法患者に対する診療を行っています。化学療法は特に第1クールの患者及び副作用により通院での化学療法が困難な患者さんを対象としています。
在院日数は2014年度は、乳がん患者では12日(術前2日及び術後10日でうち術後の4日間はリハビリテーション)、甲状腺患者では10日(術後2日及び術後8日)、化学療法患者は3日でした。2014年度は外来と病棟の連携を強化し、患者情報を円滑に移行しあうシステムの構築を看護部、リハビリテーション部などの関連部門との協力を得て実施しました。緒に就いたばかりなので、今後システムを進化させていきたいと考えています。

外来診療表、休診・代診情報

外来診療表
休診・代診情報
日付 時間帯 休・代診 担当医師 代診医師・その他
2017.11.24(金) 午前・午後 休診 石川医師

全科の休診・代診情報はこちら

主な疾患

乳腺(乳癌、乳腺症、腺維腺腫、乳腺炎など)、甲状腺(甲状腺癌、バセドウ病、橋本病など)、上皮小体(原発性上皮小体機能亢進症、続発性上皮小体機能亢進症など)、副腎(原発性アルドステロン病、クッシング症候群、褐色細胞腫など)、リンパ節(リンパ腫、リンパ節炎など)の各疾患。

医師紹介

その他

乳がん健診実績
乳がん健診受診者総数(人間ドック・企業健診も含む) 912例
うち異常なし(カテゴリー1) 98例
乳腺症(カテゴリー2) 805例
要精査(カテゴリー3以上) 9例

(最終診断として、乳腺症;6例、乳管拡張および乳腺嚢胞;2例、線維腺腫; 1例、乳癌:0例)

職員健診 111例(異常なし;11例、乳腺症98例、要精査;2例(乳腺症;1例、線維腺腫;1例)
手術実績(2014年度)

乳腺疾患、甲状腺疾患、副甲状腺疾患ともに医療機関からの紹介患者が増加傾向にあり、今後も各疾患について更に個々のニーズにそった診療を進めていきたいと考えています。乳腺疾患、甲状腺疾患ともに増加傾向にあります。特に乳癌患者では乳腺腫瘍超音波ガイド下吸引術(CNB:Core.Needle.Biopsy)を手術室及び放射線エコー室で実施することにし、手術のべ件数も増加することとなりました。手術術式別の実績については以下の通り。

乳腺疾患(症例による重複を含む)
エコーガイド下乳腺腫瘤生検術(CNB) 30例
乳腺腫瘍超音波ガイド下吸引術 14例
オーチンクロス 6例
腋窩リンパ節切除術 0例
甲状腺疾患
甲状腺葉切除術 1例
甲状腺亜全摘および修飾的頚部リンパ節郭清術 2例
副甲状腺疾患
副甲状腺疾患  副甲状腺腺腫切除術(原発性副甲状腺機能亢進症) 4例
PTx(続発性副甲状腺機能亢進症) 2例
学会発表・論文
第14回 茨城内分泌外科研究会
場所
日立 日立シビックセンター
日時
2014年03月01日(土)
演題
セッション2 演題2 高カルシウム血症クリーゼをきたした原発性副甲状腺機能亢進症の1手術例
参加
石川智義1,.上田翔2,.栗盛洸2,.木村聡太2,.飯田浩行2,.軍司直人2,.五本木武志2
1.筑波学園病院乳腺内分泌外科,
2.同消化器外科
第114回 日本外科学会
場所
京都 国立京都国際会議場
日時
2014年04月03日(木)~4月5日(土)
演題
PS-217-6..   当院における後期高齢者乳癌の手術症例の検討
参加
石川智義 筑波学園病院 乳腺内分泌外科
第26回 日本内分泌外科学会総会
場所
名古屋 名古屋マリオットアソシアホテル
日時
2014年5月22日(木)~5月23日(金)
演題
P-78 高カルシウム血症クリーゼをきたした原発性副甲状腺機能亢進症の1手術例
参加
石川智義 筑波学園病院乳腺内分泌外科
第22回 日本乳癌学会学術総会 
場所
大阪 大阪国際会議場
日時
2014年7月10日(木)~7月12日(土)
演題
GP-1-040-13 ポスター掲示「特殊型」 浸潤性微小乳頭癌5手術例の免疫組織学的検討
参加
石川智義

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー