病院指標

2020年度 筑波学園病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 314 132 298 469 496 417 632 1081 728 219
令和2年度に当院を退院された患者さんを年齢階級別に集計しました。
当院は急性期病院として、幅広い年齢層の患者さんの診療を行っています。
70歳代の患者さんが一番多く、60歳以上の割合が全体の半数以上を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 162 6.09 6.13 1.85 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 16 8.13 11.19 0.00 0.00
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1あり 14 1.00 2.12 0.00 1.57
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 11 4.36 5.86 0.00 8.27
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2なし 9 4.56 8.37 22.22 0.00
当院はつくば・県西地域における周産期救急医療協力病院に指定されており、一般の産科医療機関より少しリスクの高い出産が多く、当院で出生した新生児の診察、帝王切開の立会いは全例小児科医が行っているため、新生児疾患による入院が一番多くなっています。
また一般的な内科的疾患を扱うことが多く、気管支炎、腸炎、肺炎、喘息に加え食物アレルギーの患者さんも入院しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 40 7.78 4.86 0.00 68.13
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 37 9.78 7.74 0.00 51.65
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 36 9.31 6.41 0.00 57.08
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 35 10.89 9.08 2.86 70.37
060390xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2なし 35 6.54 7.43 0.00 37.20
外科では、鼠径ヘルニアで手術のための入院に加え、憩室炎や腸炎の加療、胆嚢結石症の手術、イレウスに対する保存的治療を目的とした入院が、特に多くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 96 33.98 25.09 21.88 81.59
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 66 31.14 18.81 9.09 78.86
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等1なし 58 16.83 19.90 6.90 61.55
070350xx01xxxx 椎間板変性、ヘルニア 内視鏡下椎間板摘出(切除)術 後方摘出術等 58 7.76 10.36 0.00 43.16
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 43 16.49 16.10 0.00 68.70
整形外科では、ほぼ全ての整形外科疾患を網羅しており、中でも高齢の方の大腿骨頚部骨折で手術をするケースが多く行われました。
また、脊椎内視鏡手術設備を用いた低侵襲な脊椎内視鏡手術も増加しており、椎体骨折に対して低侵襲な経皮的椎体形成術も多く行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 17 7.47 4.76 0.00 54.24
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 12 9.75 12.87 0.00 42.25
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 9 23.11 7.71 0.00 64.78
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 7 3.00 5.28 0.00 19.43
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 6 4.83 6.27 0.00 32.83
形成外科は、体表の皮膚外科や、再建、創傷一般、小児先天異常など、診療内容は多岐に及びます。
良性腫瘍および悪性腫瘍に対する摘出術に加え、鼻骨骨折の整復を目的とする入院が多くなっています。
地域では数少ない形成外科常勤の病院として、紹介患者を積極的に受け入れるとともに、他診療科や他病院との連携を緊密に行い、よりよい診療ができるように常に心がけています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 103 4.10 2.76 0.00 75.96
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 3 3.00 3.18 0.00 77.67
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし 2 1.50 2.56 0.00 82.50
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科では、白内障に対して手術を行うものが主な入院となっています。
日帰りの外来手術ではなく、安全性を第一に考え、入院翌日に手術を行い術後の経過を慎重に確認し退院としているため、当院では約4日間の入院となっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 83 5.43 5.63 1.20 38.80
030428xxxxxxxx 突発性難聴 57 9.44 8.81 0.00 49.14
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 48 6.88 6.71 0.00 51.38
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 41 9.63 7.94 0.00 26.51
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 29 5.72 4.94 0.00 60.41
当院では複数の耳鼻咽喉科常勤医が在籍しており、県南地区の数少ない耳鼻咽喉科救急医療の中心としての役割を担っています。
また多方面から手術を必要とする症例のご紹介を多く頂いています。
主な入院は手術症例ですが、手術以外の主な入院として扁桃炎・扁桃周囲膿瘍、突発性難聴、慢性副鼻腔炎、めまい、ベル麻痺等があります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11022xxx01xxxx 男性生殖器疾患 精索捻転手術等 81 2.16 3.84 0.00 37.07
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 73 2.41 2.54 1.37 70.88
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 53 3.02 5.67 1.89 55.34
110070xx03x20x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 50 5.90 7.05 0.00 74.02
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2なし 23 7.04 7.13 0.00 70.83
泌尿器科では、精索静脈瘤等の男性生殖器疾患に対する手術、次いで前立腺がんの診断のために前立腺生検を行う検査入院が特に多くなっています。
膀胱癌や結石などに対する手術、前立腺肥大症に対する手術も従来通り数多くありました。
手術以外の入院目的としては、膀胱癌に対する化学療法の入院があります。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 66 2.09 2.93 0.00 36.74
120140xxxxxxxx 流産 62 2.05 2.42 0.00 35.42
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 50 4.30 6.10 0.00 43.76
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 39 5.03 6.16 0.00 36.23
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 27 9.19 9.57 0.00 46.78
婦人科では子宮内膜ポリープや、子宮および卵巣の良性腫瘍に対する手術症例が多くなっています。
他にも腹腔鏡下手術を含めて多くの手術を扱っています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 48 4.17 3.39 2.08 71.69
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 39 28.38 20.51 28.38 28.38
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 26 18.65 13.30 19.23 77.96
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 23 23.83 18.61 0.00 70.13
040130xx99x0xx 呼吸不全(その他) 手術なし 手術・処置等2なし 23 22.00 11.23 8.70 78.09
呼吸器内科では、高齢化が進み、呼吸器疾患を合併する患者は年々増加傾向にあり、特に脳血管障害の後遺症としての誤嚥性肺炎の患者さんが増加しており、入院件数が多くなっています。
肺がんの患者さんに対しては、臨床病期によって化学療法を施行し、外来化学療法にも対応しています。
特発性間質性肺炎の他、関節リウマチや膠原病、血管炎症候群などに伴う間質性肺炎の診療も行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 32 32.78 17.23 6.25 83.66
050130xx9902xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 5 34.60 24.18 20.00 87.60
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 5 17.40 13.00 0.00 82.80
050130xx9901xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 4 20.50 18.64 25.00 80.50
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 4 41.00 20.51 50.00 80.00
循環器内科では、急性期疾患としては、急性心不全患者の入院治療、慢性心不全患者の心不全増悪、カテーテル手術のできない急性心筋梗塞患者、肺炎などの感染症合併患者の入院治療を行っています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 69 13.91 11.04 13.04 64.94
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 32 28.59 33.50 9.38 70.81
110280xx9901xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 31 13.10 14.01 3.23 67.16
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 23 4.30 8.15 4.35 66.57
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 13 14.85 13.00 0.00 69.15
腎臓内科では、慢性腎臓病(CKD)関連の入院が多くなっています。内シャント設置術目的での入院や、維持透析導入目的での入院、感染症、バスキュラーアクセストラブルが主な入院となっています。
CKD以外にも慢性及び急性糸球体腎炎、心不全、体液・電解質異常、AKI、ネフローゼ症候群、糖尿病加療、等と多岐の病態に渡って対応しています。
リウマチ膠原病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし 12 17.33 15.90 16.67 74.67
070560xx99x01x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病あり 12 26.42 25.09 0.00 66.25
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 7 28.29 15.28 0.00 81.00
070470xx99x3xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等23あり 4 14.50 15.84 0.00 71.25
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 4 6.75 8.83 0.00 6.75
リウマチ膠原病内科は骨、関節、筋腱等の運動器を障害する慢性炎症性疾患の専門科です。
診療対象疾患は主に関節リウマチと変形性関節症です。脊椎関節炎や膠原病(全身性エリテマトーデス、多発性筋炎、強皮症、アレルギー性血管炎)、ベーチェット病等も診療しています。
原因不明の難治性疼痛疾患の線維筋痛症の患者さんも多く診療しています。
乳腺内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 56 3.11 4.15 0.00 55.34
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1なし 34 12.15 10.30 2.94 60.50
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除(頸部外側区域郭清を伴わないもの)等 手術・処置等1なし 4 9.25 8.50 0.00 9.25
090010xx99x31x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 定義副傷病あり 3 31.33 17.07 66.67 72.33
130070xx99x0xx 白血球疾患(その他) 手術なし 手術・処置等2なし 3 6.33 9.15 0.00 43.33
乳腺内分泌外科では、乳腺、甲状腺、副甲状腺、副腎及びリンパ節の各疾患についての診療を行っています。
入院診療では主に手術患者及び化学療法患者に対する診療を行っており、化学療法は特に第1クールの患者さん及び副作用により通院での化学療法が困難な患者さんを対象としています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 9 3 3 8 2 0 1 8
大腸癌 5 29 41 9 10 4 1 7,8
乳癌 12 19 11 13 40 2 1 7,8
肺癌 8 11 16 50 48 5 1 7,8
肝癌 1 0 2 1 0 0 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院での初発の5大癌の中では乳癌が最も多くなっており、次いで胃癌が多くなっています。再発では肺癌が最も多くなっています。
また、検査入院等で病理結果がでていない場合もあり、これらは「不明」に集計されています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 18 12.22 62.61
中等症 66 20.52 81.55
重症 8 32.00 88.75
超重症 3 9.00 79.00
不明 0 0.00 0.00
中等症の患者さんが大半を占めており、特に高齢の方ほど重症を示す傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 5 36.20 74.60 11.11
その他 4 40.00 78.75 11.11
当院には脳神経外科の常勤医がいないため、脳梗塞での入院患者は多くありません。平均在院日数としては約1ヶ月程度となっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 53 2.57 7.15 0.00 57.49
K6335 鼠径ヘルニア手術 40 2.48 6.78 0.00 69.40
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 20 3.50 6.78 5.00 76.45
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 19 0.26 4.53 0.00 40.37
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 16 0.31 11.00 0.00 47.25
外科では、腹腔鏡による胆嚢摘出術が最も多くなっています。他にも鼠径ヘルニア、虫垂炎、その他の消化器良性疾患・悪性疾患に対する手術を行っています。
腹腔鏡下胆嚢摘出術の他に胃癌、大腸癌に関しても病期により腹腔鏡下手術を導入しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 76 1.70 29.34 25.00 79.33
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 71 1.89 22.46 0.00 71.14
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 63 2.38 8.13 6.35 50.89
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 60 2.03 14.13 0.00 65.10
K134-22 内視鏡下椎間板摘出(切除)術(後方摘出術) 57 1.77 4.26 0.00 42.95
整形外科では手術件数としては骨折観血的手術が最も多く、次いで人工関節置換手術、椎弓切除術等が多くなっています。
また脊椎内視鏡手術設備を用いた低侵襲な脊椎内視鏡手術も行われています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 7 1.14 6.14 0.00 49.57
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 5 1.00 4.80 0.00 62.80
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上) 5 1.00 7.60 0.00 54.80
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 4 1.25 6.50 0.00 73.00
K287 先天性耳瘻管摘出術 4 1.00 1.75 0.00 7.25
形成外科の手術としては皮膚・皮下腫瘍摘出術が最も多く行われています。
手術内容は多岐にわたっており、良性腫瘍・悪性腫瘍の摘出の他、眼瞼下垂症手術や先天性痔瘻管摘出術、鼻骨骨折整復固定術など、様々な症例があります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 103 1.07 2.03 0.00 75.96
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 3 1.00 1.00 0.00 77.67
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科では、水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)が最も多くなっています。
通常は水晶体超音波乳化吸引術で行っています。
小さい切開創からの手術であり日帰りにも対応できる方法ですが、手術後の安全性を第一に考え基本的に短期入院で行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 49 1.14 7.57 0.00 22.37
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 21 5.05 3.05 0.00 52.90
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 15 1.20 3.07 0.00 50.73
K287 先天性耳瘻管摘出術 12 1.08 2.08 0.00 17.08
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) 12 1.00 3.00 0.00 50.50
耳鼻咽喉科では、口蓋扁桃手術が最も多く、全身麻酔で1時間程度の手術で、術後約7日間の入院となっています。
次いで内視鏡下鼻・副鼻腔手術が多くなっています。
こちらも全身麻酔で行っているため手術中の苦痛が全くなく、より丁寧できれいな手術ができるため術後の経過が格段に良くなります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 69 1.49 3.28 0.00 73.14
K834-3 顕微鏡下精索静脈瘤手術 67 0.12 1.00 0.00 34.88
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 52 0.69 1.27 1.92 55.46
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 17 0.53 6.06 0.00 74.82
K7981 膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術) 12 1.08 1.42 0.00 74.67
泌尿器科では膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)が最も多くなっています。
尿道から内視鏡を用いて削り取るよう切除し、癌がどの層まであるかで、治癒もしくはさらに治療が必要かを判断するためにも行います。
次いで多いのが精索静脈瘤手術です。男性不妊症の原因となることがあり、静脈を結紮切除し、静脈血の逆流によって生じる静脈瘤を解消する手術になります。
またレーザーを用いた経尿道的尿路結石除去手術も多く行われています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K872-31 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術(電解質溶液利用) 61 0.10 1.03 0.00 36.84
K9091イ 流産手術(妊娠11週までの場合)(手動真空吸引法によるもの) 57 0.07 1.00 0.00 35.05
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 55 1.07 3.27 0.00 37.45
K877 子宮全摘術 25 1.48 7.56 0.00 47.96
K8731 子宮鏡下子宮筋腫摘出術(電解質溶液利用) 24 0.04 1.42 0.00 40.88
婦人科では子宮鏡下手術が最も多く行われています。子宮専用の内視鏡で子宮内を観察しながら子宮筋腫やポリープを取る手術です。1泊2日の入院で行っています。なお、過多月経に対して子宮鏡下子宮内膜焼灼術(子宮内アブレーション)も行っています。
流産手術は流産に対して経腟的に流産物を子宮内から除去する手術です。通常は1泊2日の入院で行っています。
子宮付属器腫瘍摘出術は、卵管や卵巣の疾患に対して卵管や卵巣を取る手術です。当院では症例に合わせて開腹手術か腹腔鏡手術かを選択します。(卵管と卵巣を合わせて子宮付属器と言います。)
子宮全摘術は子宮筋腫や子宮癌などに対して子宮を取る手術です。当院では開腹手術、腹腔鏡手術のいずれも行っています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 67 5.33 8.82 2.99 69.25
K6072 血管結紮術(その他) 3 2.00 2.67 0.00 69.00
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 3 8.00 27.67 66.67 65.33
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) 3 2.33 2.33 0.00 53.67
K654 内視鏡的消化管止血術 3 2.33 7.67 66.67 74.67
腎臓内科では、内シャント設置術が最も多くなっています。
自己血管の動脈と静脈をつなぐことによりシャント血管として透析を行うための手術になります。
乳腺内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 17 2.00 10.12 5.88 65.88
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 16 2.00 8.44 0.00 55.19
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 3 2.00 6.67 0.00 55.00
K4642 副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術(副甲状腺全摘、一部筋肉移植) 3 2.00 7.33 0.00 63.67
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 2 2.00 4.00 0.00 62.00
乳腺内分泌外科では、乳腺疾患については胸筋温存乳房切除術(大胸筋および小胸筋を温存し、腋窩リンパ節郭清を行う手術)が最も多く、乳房温存術(乳房部分切除およびセンチネルリンパ節生検もしくは腋窩リンパ節郭清を行う手術)が多くなっています。
また甲状腺や副甲状腺の疾患に係る手術も行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.04
異なる 12 0.25
180010 敗血症 同一 1 0.02
異なる 4 0.08
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 36 0.75
異なる 0 0.00
播種性血管内凝固症候群については、入院契機とは異なる症例が多くなっています。
手術・処置等の合併症としては、自院で行なった手術・処置等の合併症と、他医療機関で行なった手術・処置等の合併症があり、主に透析シャントの狭窄・閉塞が多くなっています。
更新履歴
2021/09/13
2020年度 筑波学園病院 病院指標公開

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー