活動報告

広報活動

当財団では、様々な広報活動を通じ多くの方に病院のことを知って頂き、絆を深めることを目指しています。
財団広報誌「学園ひろば」をはじめとする出版物の発行、また、ホームページでも最新の情報をわかりやすく皆さんにお届けできるよう取り組んでいます。


財団広報誌「学園ひろば」※画像をクリックでPDFをダウンロードできます
戦後70年 谷田部海軍航空隊パネル展
戦後70年 谷田部海軍航空隊パネル展
開催概要
期間
2015年7月27日(月)〜8月19日(水)
写真展示数
38枚
来場者数
612名(内記帳者数153名)
主催
一般財団法人筑波麓仁会
協力
つくば市、予科練平和記念館、茨城県立土浦工業高等学校、つくば工科高等学校、香川宏三(敬称略)

開催主旨(「谷田部海軍航空隊パネル展によせて」全文掲載)

 今年は戦後70年という節目の年です。
 戦争の真実の姿を学び広く皆様に知ってもらおうと「戦後70年谷田部海軍航空隊パネル展 〜戦争をふりかえる〜」の開催を致しました。一人でも多くの方々にパネルを見て頂きたいと思っております。
 ささやかな取り組みですが、一人ひとりが力を合わせ、思いをつなぐことは、平和な世界を築く足がかりになると考えます。

 当財団と谷田部海軍航空隊の関わりは、筑波学園病院が戦前の日本海軍谷田部飛行場跡地に建立されたことにあります。
 谷田部飛行場は昭和7年に阿見の予科練の補助飛行場として設置され、10代の若い飛行士を数多く養成したほか、本土決戦に備え首都圏の防衛部隊になるなど等数々の変遷を繰り返し、重要な飛行場としての役割を果たし終戦を迎えました。
 この飛行場で訓練を受けた10代の若い飛行士たちは日本の発展と繁栄を念じながら戦地に赴き、または神風特攻隊として祖国日本のために尊い命を捧げられました。
 当病院はその時の兵舎を利用して作られ、平成10年頃までは病棟として利用されておりましたが、その後取壊されその面影はまったくなってしまいました。また、病院の近隣も筑波研究学園都市の発展と共に宅地開発が進んだため飛行場跡地とわかるものはほとんどございません。
 当財団としては、二度と悲惨な戦争を行ってはならないことを後世に伝えていく必要があると思い、戦争の歴史を教訓としながら、平和な世界を築いていくことが大切な使命であると考え、平成25年5月に谷田部海軍航空隊記念碑を建立致しました。

 これを機に戦争と平和の問題に関心を持つ人が増えれば嬉しいことです。

一般財団法人筑波麓仁会

展示写真等(抜粋)

告知ポスター

谷田部海軍航空隊記念碑所在地

メディア関連

【参考記事】谷田部海軍航空隊記念碑除幕式


省エネルギーへの取り組みについて


当財団における女性の活躍を推進するための行動計画について

女性の離職理由の一つとして、キャリアアップの時期に結婚・妊娠・出産・育児の時期が重なることが考えられます。
専門職として継続勤務を望んでいても家庭と仕事の両立が難しく離職となります。
女性が継続して勤務でき、活躍できる環境の整備を行うため、当財団では、下記の行動計画を策定しております。

1.計画期間

2016年4月1日〜2019年3月31日

2.課題
課題1
女性の場合、子供の幼稚園や小学校就学時に退職するケースが多い。
課題2
平均勤続年数が男性と比較して2年程度短い。
3.目標

9~11年目の女性労働者の継続雇用割合を60%以上にする。
(2006年入職:52.9%、2007年度:42.9%、2008年度:54.7%)

4.取組内容と実施時期
  • 2016年4月~ 2016年度以降の退職希望者との面談(所属部署ならびに人事部)
  • 2016年5月~ 2010年度~2015年度の退職理由詳細を分析
  • 2017年4月~ 対象職員へのアンケートやヒヤリングの実施
  • 2018年2月~ アンケートやヒヤリング結果を踏まえ、対応策を検討し制度を決定
  • 2018年4月~ 制度開始

一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院

メニュー